養毛剤を使うメリット

 

栄養素を頭皮や毛髪に送って、頭皮や毛髪の健康維持をするのが、養毛剤の目的になっています。薄毛にしても、抜け毛にしても、遺伝が大きな原因になってしまうことが多いのですが、さらにストレスや日常の食事、生活習慣によって頭皮の状態が悪くなってしまうことが原因になってしまうこともあるのです。

 

頭皮がかゆくなってしまったり、炎症になってしまう、フケが大量に発生する、頭皮が乾燥してしまったり反対にベタベタするのであれば、頭皮環境が悪くなっていて、薄毛や抜け毛の症状が現れてしまうリスクが高くなってしまうのです。

 

この頭皮に栄養を送って、毛髪が育ちやすい環境にしていき、太くて丈夫な毛髪にするのが、養毛剤になっているのです。

 

頭皮環境の改善をすることが養毛剤の目的になっているわけですが、養毛剤によってどのようにして頭皮に作用していくのかは異なっています。ですので、養毛剤を購入する前に、どのような頭皮環境になっているのかを調べるようにして、適している養毛剤を見つけるようにしなくてはなりません。養毛剤でも色々な種類がありますので、頭皮環境とマッチしているものを選ぶようにしましょう。

 

例えば、養毛剤の種類として、血行を促進させることを目的にした養毛剤があります。毛髪の根元には毛根があるわけですが、この毛根が頭皮にある毛細血管に流れている血液から、酸素や栄養素を取り込んでいます。そして、この酸素や栄養素が毛髪の成長を支えてくれているのです。

 

反対に頭皮の血行が悪くなり、毛根が酸素や栄養素を取り込むことが難しくなってしまいます。その結果、毛髪が思ったように成長せずに、抜けやすくなったり、毛が細くなってしまうのです。

 

養毛剤で血行促進タイプのものとして、塩化カルプロニウムやミノキシジルなどのような医薬成分が含まれているものもありますし、イチョウ葉エキスやセンブリエキスのような自然由来の成分が含まれているものもあります。

 

また、最近、養毛剤の種類として増えてきているのが、DHTという男性ホルモンの作用を妨げることを目的にしているものもあります。

 

血液中のDHTという男性ホルモンが増えると、男性型脱毛症を発症してしまい、徐々に薄毛になってしまいます。DHTは、5αーリダクターゼと男性ホルモンであるテストステロンが結合したら生じることになります。その5αーリダクターゼが結合しにくくなるように活動を抑えるという作用を持っているのです。

 

5αーリダクターゼの作用を抑えるものとして、AGA治療薬に使われているフィナステリドが最も知名度が高いのですが、これ以外にも天然成分として、カボチャ種子エキスやノコギリヤシなどが配合されているものもあります。

 

そして、栄養を頭皮に与えることを目的にしている養毛剤もあります。毛髪を丈夫に成長させるためには、色々な栄養素が必要になります。養毛剤に、毛髪に必要なミネラルやビタミン類、各アミノ酸が含まれているため、毛髪を成長させやすくすることが出来るのです。

 

これ以外にも、養毛剤の種類はたくさんありますが、自分の頭皮を客観的に見るようにして、一番効果が見込めそうな養毛剤を使用するようにしましょう。

 

つむじハゲに育毛剤はこれ!

更新履歴